ホーム 全件表示 アンサンブル譜 Trombone Quartet KLAR コレクション > 【トロンボーン4重奏】アリオーソ(J.S.バッハ/廣瀬大悟編曲)

【トロンボーン4重奏】アリオーソ(J.S.バッハ/廣瀬大悟編曲)

クリックで画像を表示

J.S.バッハ 作曲
Johann Sebastian Bach
廣瀬大悟 編曲
Daigo Hirose


※CD:「Transition」 Trombone Quartet KLAR (日本アコースティックレコーズ NARD-5069)収録

【トロンボーンクァルテット・クラール】
2005年の「第1回トロンボーンクァルテットコンクール・イン・ジパング」での優勝を皮切りに活動を開始。メンバーは今込治(上野学園大学非常勤講師)、上田智美(東京室内管弦楽団)、廣瀬大悟(小松市立高校芸術コース非常勤講師)、黒金寛行(NHK交響楽団)で構成されている。


【楽曲について】

J.S.バッハ:アリオーソ ~「チェンバロ協奏曲第5番ト短調 BWV1056」第2楽章~
現存するJ.S.バッハのチェンバロ協奏曲は、1台用から4台用まで計14曲を数えるが、これらの作品のほとんどは、バッハ自身の旧作、あるいは他の作曲家の作品の改作である。バッハは40代の半ばからライプツィヒの聖トーマス教会のカントル(楽長)としての務めの傍ら、主にライプツィヒ大学の学生によって構成された音楽団体である「コレギウム・ムジクム」の指揮者の任にあった。コレギウム・ムジクムの演奏会ではバッハ自らが独奏を務め、チェンバロ協奏曲が上演されることもあったが、こうした機会のために書かれたのが冒頭で述べた一連の作品である。
「第5番ト短調 BWV1056」は、消失した「ヴァイオリン協奏曲 ト短調」からの転用とみられているもの。「アリオーソ」の名称で知られる第2楽章(原曲ではラルゴ)は、1729年ごろの作とされるカンタータ第156番「わが片足はすでに墓穴に入りぬ」の中間楽章にも用いられている。
甘美でゆったりとした表情をたたえた主題は、のちにミシェル・マーニュの手によってアレンジされ、映画「恋するガリア」(1965年フランス)の主題歌として用いられた。(廣瀬大悟)



  • 価格:2,200円
  • 注文数: