ホーム 全件表示 アンサンブル譜 Japan XO Trombone Quartet コレクション > (JXTQ)「アダージョ」交響曲第3番 ハ短調 作品78「オルガン付き」より(C.サン=サーンス/廣瀬大悟編曲)

(JXTQ)「アダージョ」交響曲第3番 ハ短調 作品78「オルガン付き」より(C.サン=サーンス/廣瀬大悟編曲)

クリックで画像を表示

C.サン=サーンス 作曲
Charles Camille Saint-Saëns
廣瀬大悟 編曲
Daigo Hirose


【ジャパン・エックスオー・トロンボーンクァルテット】

2005年に栗田雅勝(NHK交響楽団)、若狭和良(エリザベト音楽大学教授)、棚田和彦(群馬交響楽団第一奏者)、黒金寛行(NHK交響楽団)の4人で結成。全国各地でコンサート活動を開催している。



【楽曲について】

  カミーユ・サン=サーンス(1835-1921)の書いた最後の交響曲。前作の第2交響曲を24歳の時に書いて以来27年ぶり、51歳という円熟期に書かれた本作は、オルガンを効果的に用いた傑作としても知られる(サン=サーンスはかつてパリのマドレーヌ寺院のオルガニストを務めた経歴を持つ)。全体はおのおの2つの部分を持つ2楽章構成をもち、「アダージョ」は第1楽章の第2部にあたる。

 静謐で美しい主題の提示とその変奏につづいて、第1楽章第1部の短い回想が挟まれ、ふたたび主題が現れ幕を閉じる。

  • 価格:3,850円
  • 注文数: